« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月27日 (日)

ドラえも~ん。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

ネッスル 「ウワ~ン!! ドラえも~ん 。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。」

 

 

ドラえもん 「またぁ、どうしたんだよぉ、ネッスルくん」

 

 

ネッスル 「僕のスポスタ、なんだかビミョウにハンドルが遠くて、走り辛いんだよぉ。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。」

 

 

ドラえもん 「ん~、それじゃしょうが無いなぁ・・・」 

 

 

 

 

チャララ、チャッチャラ~~

箱~S                           

    

 

 

ネッスル 「・・・・・・・       何?コレ・・・・」 

 

 

ドラえもん 「あっ、ゴメンゴメン、もう一回ね」 

 

チャララ、チャッチャラ~~

ドラえもん「でいとな こんふぉ~とはんどるぅ~」 

S_2

 

ネッスル 「わぁ~、で、これどうやって使うのぉ?」 

 

 

ドラえもん 「これわね、今あるハンドルをはずして、これを着けるんだ^^b」 

 

ネッスル 「ありがとうドラえもん、それじゃさっそく着けてみるね」

 

 

 

ガレージにて

ネッスル 「えーと、クラッチとブレーキをはずしてぇ、グリップを引き抜・・・・ 引きぬ・・・」 

 

ドラえもん 「ネッスルくん、どうしたんだい?早く引き抜けば?」

 

ネッスル 「なんかさぁ、ハンドルの内部に配線が通ってて・・・・これ外しちゃっていいのかなぁ^^;」 

 

ドラえもん 「あぁ、それはグリップヒーターの配線だね、ハンドルバーの中を右から左へ貫通させてるだけだから、新しいハンドルにも通せばいいだけだよ、だいじょうぶ^^」 

 

 

ネッスル 「なぁんだ、そんな事なら簡単だね、えいっと^^」 

 

 

ネッスル 「よっし!ノーマルのハンドルが外れたぞ!!じゃ、新しいハンドルの中にさっきのグリップヒーターの配線を通してぇ・・・・・って、そのままじゃ線がグネグネして通らないぞ(・・;) ド、ドラえも~ん!!」

 

ドラえもん 「もう~なんだよぉネッスルくん・・・・あぁ通しにくいんだね、それじゃぁ、えーと・・・」 

ゴソゴソ・・・・

 

 

チャララ、チャッチャラ~

ドラえもん「荷づくりひも~」

S_3  

 

 

 

 

 

 

 

ネッスル 「あぁ、そうか、これを先に通して、その後配線をヒモに通して、ひっぱればいいんだね、さすがドラえもん!!! それでは・・・・・・ って、ヒモがグネグネして通らないよぉ・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。」 

 

 

ドラえもん 「も~ネッスルくんは本当に不器用なんだからぁ、じゃぁ・・・・」 

チャララ、チャッチャラ~

ドラえもん 「は~り~が~ねぇ~    と、 ぴ~あ~の~せ~ん~」

S_4  

 

 

 

 

 

 

 

S_5  

 

 

 

 

 

 

 

ネッスル  「・・・・・・これで本当に通るの?」 

 

ドラえもん 「ナイロンひもよりは、まっしでしょ? さぁさぁ早く通して^^」 

ネッスル 「・・・・・・うわぁ~ん、やっぱしハンドルの曲がってる所で引っかかって、うまく通せないよぉ・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。」 

 

ドラえもん 「・・・・・・」

 

ネッスル 「うわぁ~ん、どうしようぉドラえも~ん・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。」 

 

S_7  

 

 

 

 

 

 

 

ドラえもん 「どうやらネッスルくんには、無理みたいだね、もう元にもどしちゃいなよ^^b」 

 

 

ネッスル 「・・・・・・・どっちにしても、ヒーターの線、通さないと、直らないし・・・・」 

 

 

 

ドラえもん 「・・・・・・・」 

ネッスル  「・・・・・・・・」

 

 

 

 

嫁 「これでも使えば?」 

S_6  

 

 

 

 

 

 

 

ドラえもん・ネッスル 「ぉお!!(゚ロ゚屮)屮」

と言う事で木綿糸を付けたボルトをハンドルの中に入れて、反対から出して、それにピアノ線を結んで、それでもって、グリップヒーターの配線を通すと言うワザで無事にコンフォートハンドルが付きましたとさ

お・し・ま・いヾ(;´▽`A``

Img_1737s

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

ブログランキング参加中です。

お手数をお掛け致しますが

どうかここは一つ

バナーをポチっと押してやってくださいまし

バナーはコチラ(σ-"-)σにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

淡路ブラブラ旅その参

国道26号線を西浦の海の風景を楽しみながら走りました

 

途中国道は海から離れるように走るので、海沿いの道を走るかどうか迷いましたが、ツーリングマップルによると、海沿いの道はたいして評価されていないようだったので、そのまま国道26号線を進みました・・・・・

 

まぁ、帰って来てから地図を見直すと、海沿いを走っていないことを後悔してますけど(・・;)

 

 

この時点で時間は午後3時にもなっていませんでしたが、淡路の夕日も見てみたいと思っていたので、キャンプ場の方面へ

 

今夜のキャンプ場は「休暇村 南淡路」に併設のキャンプ場

 

海に面したキャンプ場だと言う事と、キャンプ客も利用できるホテルの露天風呂が、海を一望出来るなんて聞いたら、泊まるしかないじゃないですか^^b

 

夕暮れの海を見ながらの露天風呂、とっても楽しみです^^

 

が、チェックインの時に言われました

 

「キャンプ場ご利用のお客様は、お風呂の利用時間が、19時~21時となります^^」 

 

はっ?? 

 

じゃ、海、見ながら露天風呂入れないじゃん・・・・・ 

 

 

 

ガックシですが、しかたないですわ・・・・ 

 

でも、ホテル客が優先で、キャンプ客がなんだか卑下されてるようで、とても嫌な気分でした・・・・・ 

 

 

まぁそんな事にこだわって、せっかくのキャンプにケチをつけてもしかたないと、テントを設営して、今夜の宴会の買出しにでかけました

 

近くにわりと大きなスーパーがあったので、一式揃えて、キャンプ場へ戻る途中で振り向くと・・・・・ 

 

 

 

 

 

 

こんな美しい光景が!! 

S                          

                          

  

 

 

 

 

 

 

携帯の写真なので少し分かりづらいと思いますが、黒い点が太陽で、その右の方に鳴門大橋が見えました^^;

 

実物はそりゃぁもう綺麗でしたよぉ

 

これは是非デジイチで撮らなくては、慌ててキャンプ場に戻りカメラを引っさげてこの場所まで戻りましたが、その時にはもう・・・・・

 

あぁ、やっぱりカメラはいつでも持っておかないといけないなぁと感じました(TT)

 

 

ここのキャンプ場、オートキャンプ場なので、普通の料金は高いのですが、バイク乗りには、ツーリングサイトと言う海に面した広場が使えて料金1000円

 

施設も充実してるので、けっして高いとは思いませんでした^^

 

ちなみにもう11月だというのにツーリングサイトは僕だけでしたが、他のサイトはファミリーが沢山いらっしゃって、満員でしたよ

人気のキャンプ場なんですね^^

 

 

テーブルや、焚火台をセッティングして準備万端

S_14  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テントの前からはこんな夕暮れも見えましたよ

S_2                            

                          

                        

                      

 

 

 

 

 

さぁ、日が暮れると、いよいよ宴会の始まりです!! 

 

 

なんと言っても今回の主役は、昼間買った、魚増鮮魚店の炭火焼き穴子

 

焼きたてを食べればもっと美味しかったのでしょうが、どうしてもこれを食べながら、一杯やりたかったので、ここまで我慢してましたよ

 

ユニフレームのマルチロースターをバーナーにセットして少し炙りなおし

S_4                

 

 

 

 

 

 

 

 

で、味ですが・・・・ 

 

 

そりゃぁもう旨いのなんのって、甘いタレが最高で、ビールとのマッチングも文句なし!! 

 

我慢したかいがありました (ノω・、) ウゥ・・・ 

 

 

 

あまりの旨さに何かをもっと焼きたくなって、買っていたチクワも焼いて食べました^^; 

 

S_5  

 

 

 

 

 

 

 

まぁ焼き竹輪も美味しかったですけどね^^; 

 

 

 

この宴会の最中に、壊れていたはずの携帯電話をふと見ると・・・・・・

 

 

 

 

w( ̄Д ̄;)w な、直ってますやん!!!

 

 

しぶしぶ嫁に電話をいれると 

 

 

 

「なに?・・・・・、ふーん、電話直ったの、忙しいから切るわ」 

と一言で終わりました・・・・ 

 

 

 

 

電話も無くて、自由になったと思っていたのは、勘違いで、どうやら僕は、

最初から自由の身だったようです (T-T*)フフフ…

 

 

 

 

ほどよく酔った頃にお風呂に行きましたが、諦めていた露天風呂からの景色は、海沿いの夜景が見れて、満足満足でした^^

 

 

 

お風呂も済ませ、今度は焚火に点火

 

 

時折横を通り過ぎる漁船の音を聞きながらの焚火酒はまさしく美酒でしたよぉ^^

S_6                  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

翌朝、寝ている頭の横を漁船が次々行き交う音が凄まじくて目が覚めました・・・・・

我慢して寝ようと努めましたがとても寝てられません^^;

 

 

時計を見ると、まだ5時・・・・・ 

 

 

まぁおかげで早起きできて、夜明けの風景が見られましたけどね^^;

 

S_7   

 

 

 

 

 

 

 

 

早めの朝食を食べ、テントを撤収

 

今日は帰る日ですが、高知まで2時間半もあれば帰り着く場所、安心して、観光を楽しめます

 

キャンプ場を出て、近くにあったうずしおクルーズが出来る船の発着場へ

 

うずしおクルーズ船には乗るつもりはありませんでしたが、ここにうずしお広場など、地域の物産が色々売っていて、市場のような賑やかな雰囲気

S_8  

 

 

 

 

 

 

 

呼び込みのオバチャンの声に釣られて、大アサリの炭火焼を食べました

 

思い出してもヨダレが出るほど美味しかったですよぉ

 

S_9                          

                              

                              

                          

                          

                          

                            

                   

一つが手の甲位の大きさのアサリで、この辺りでは大貝と呼ぶらしいですが、これで400円

 

味といい決して高くないと思いました^^

 

市場の通路に設置されたテーブルで食べていたのですが、僕が食べ始めた時は僕だけでしたが、食べている僕に釣られて、次から次へとお客さんが^^;

 

市場を一通り見たあと、施設を見て周りました

 

これが渦潮を見に行く日本丸

S_10  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他に足湯の施設

S_11  

 

 

 

 

 

 

 

 

ここの足湯は無料らしいですよ^^b

 

おみやげ物売り場で、干しエビを売っているオバチャンに味見をさしてもらうと、噛めば噛むほど甘みがでてきて、美味しかったので、お土産に買っちゃいました

 

一枡分で、500円と看板に書いてありましたが、袋に入れる時にオバチャンが周りの様子を伺いながら

 

「オマケしとくからね^^」

と、手で何掴み分も入れてくれました(多分倍ほど入ってましたよ^^;)

 

 

偶然見つけて入った施設でしたが、なかなか楽しめる施設でした

 

淡路にお越しの際はお薦めですよ^^ 

 

そのあと向ったのは鳴門岬

 

鳴門海峡が目の前に見える場所

 

道の駅鳴門があり、鳴門海峡の激流が真近に見られる場所で迫力がありましたよぉ 

S_12  

 

 

 

 

 

 

 

写真に写っている船は先ほどのうずしおクルーズの日本丸らしく、一番の急流の場所でしばらく停船した後でUターンして帰っていきました

 

沢山人が乗り込んでましたけど、渦潮見えたかなぁ・・・・・

 

あの施設から、ここまで来て、Uターン・・・・・

 

料金2000円って書いてあったけど、高いか安いかはそれぞれの感覚でしょうね^^; 

 

 

 

ここから鳴門大橋の橋台部分がよく見えるのですが、よく見てみると、なんだかサビサビで、このあと何十年も経って、補修が必要になった時ってどうやって補修するんだろう・・・・

っと思いました

S_15                    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この後、道の駅の中をお土産を買って周っていると、施設内のレストランに 淡路牛丼の文字が!!!

 

 

淡路牛丼を食べるのも今回の目的だったにもかかわらず、食べたのは、あのショボイ、あっ、いや、普通の、でわなくて、まぁまぁの・・・・・ぎゅうどん・・・・でしたので・・・・

 

 

ほんとはこの日、ネットで調べて、目を付けていた牛丼があるお店に行く予定でしたが、キャンプ場でそこまでの距離を調べてみると、結構遠かったので、諦めてたのです

 

 

淡路牛丼・・・・もう、ここで会ったが100年目ってやつですわ

 

 

しかも、ショーウインドにおいてあるサンプルの旨そうなことといったら 

 

えぇもちろん、食べましたよ

 

 

 

それでは御覧いただきましょう~

 

これも、淡路牛丼だ!!! 

S_13                        

 

 

 

 

 

 

 

結構はボリュームでお腹がハチキレソウになりました^^; 

 

美味しかったですよ~ 

 

 

これにて、僕の淡路のブラブラ旅は終了です

 

 

淡路島は、土地柄か、気さくな人が多く、のんびりした雰囲気で、とても良い旅になりました

 

海岸線沿いのまだ行ってない場所もあるし、牛丼ももっと食べたいし、近いうちにまた行きたいと思います^^

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

ブログランキング参加中です。

お手数をお掛け致しますが

どうかここは一つ

バナーをポチっと押してやってくださいまし

バナーはコチラ(σ-"-)σにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »