« おもしろいの見つけたよ | トップページ | 夏のなごり »

2009年8月23日 (日)

やっぱし夏は熱かった・・・

久々に丸1日の自由時間をもらいましてね

 

えぇ、嫁に

 

いや、実のところ先週もいただいてたんですよ、嫁からは

 

そしたら、走り出して、30分もしないうちに土砂降りになりましてね

 

まぁ、いつもの事と言えばいつものことなんですがね

 

でもその日はですね

 

バイクで出かけようと外でジャケットを着てるときに、チビスケが起き出してきまして

 

パンツ一丁で

 

「お父さん、行かないで、いっしょに遊んでよぉぉお(TT)」

 

と号泣されましててね

 

それを振り切って出てきてまして

 

土砂降りの高速道路を走りながら、パンツに水染みてきたなぁとか考えながら、息子の顔が頭を過ぎるわけですわ・・・・・・ 

 

すると高速の情報掲示板に 

 

「高知県中部に大雨注意報発令中」 

 

次のICで降りて、Uターンです・・・・・

 

と、言うことで先週も結局乗ったなんていえる身分ではなかったのですよね

 

で、昨日

 

チビスケがまだ寝ている6時台に出発しました

 

行き先はきまりませんが、とりあえず出発しなければ、どんな妨害が入るとも限りませんので、とりあえず出発しました

 

30分ほど、どこに行こうかと決めかねながら、家の周りをグルグルと・・・・・

 

海は熱いからいやだなぁとか、あっちは走り飽きたからいやだなぁとか、あっちに行くと、気持ち悪いトンネルがあるからなぁなんて考えてまして

 

まぁなんでもいいから西向きに走って、そのうちに山の中に入っちゃえ

 

で、道路標識みながら知らない道に入れば、知らない風景にあえるだろうし

 

と西に行って山に入って、知らない道に入りました

 

夏と言えども、午前中の山の中

 

涼しいですねぇ

 

メッシュジャケットの下には、いま流行のクールテック?ってやつを着てたので涼しさ満点です

 

もらったやつですけどね・・・・・

 

メーカーもわからない、クビの所にCOOLって書いた怪しげなやつ

 

ほんとにクールテックなのかどうか分からないですが、ようは気分の問題かなと・・・・

 

 

 

で高知県のとある場所から、とある山の中に入った国道から、とある県道へ入った所

 

あ、いつも国道何号線とか県道何号線、地名をあれやらこれやら書いてましたが

 

先日気がつきましてん

 

これ読んでいただいているほとんどの方が県外の方だから、詳しく書いても、皆さん分からないだろうし、邪魔臭いなぁと思われるだけだろうなと^^;

 

だから今回から、場所の限定をしなければならない時以外は 「とある」 で行きたいなと^^;

 

で、とある場所でこんな光景に出会いました

S                           

                          

                            

                          

                         

                             

                          

睡蓮が道沿いにずっと咲いていて、綺麗でしたよ

 

地元の方が世話をされているようで、休憩小屋などもあって、道行く人にどうぞと言う心使いがとても嬉しく感じました

 

で、その道をさらに進むと 

 

こんなのもありました 

S_2                           

                            

                          

                           

                             

                           

                            

ここの手前には四万十源流の水なんて看板もあったりで、まぁ、そんな山の中です・・・・

 

もちろん飲んでみましたが、そりゃ甘露甘露って言いましたね

 

ここでちょっと

 

四万十源流って言いましても

 

四万十川ってすっごく長いんですわ

 

んで、いろんな川が流れ込んで総称して四万十川

 

四万十の言われも

 

字のごとく

 

四十万もの川が一つになってと言う説もあるくらいで

 

だから

 

源流と言っても

 

いろんな支流があるから

 

源流地点なんてのも一杯あるわけで

 

だからこの辺りも四万十源流地点・・・・

 

 

 

さて、その後も道を進みます

 

山合いを縫うように流れる清流を、古い橋の上からしばらくの間、眺めていました

 

S_4                                

                               

                            

                              

                             

                             

                             

道はやがて、一般的に四万十川と呼ばれている流域へ

 

40Kmくらいのゆっくりしたスピードで川沿いにひろがる田園風景を眺めながら走ります

 

S_3                                

                        

                               

                                

                                

                              

                               

川の両岸に田がずっと続いていました

 

一仕事終えて、畦に座り、スクスク育っている稲を誇らしげに眺める人

 

腰の曲がったご夫婦が田んぼの草取りをする姿

 

沢山のお百姓さんが働いて、この風景を守り続けているんだなぁと感じました 

 

いつまでもこの景色を残すためにも、皆でお米食べなきゃなぁと思いました

 

出来るだけ、それぞれが、それぞれの地元のお米を

 

少しくらい高くても、それで、この風景が守れるんだったらそれでもいいかなと考えたりしながら走っていました 

 

そんなこんなしながら、四万十川沿いに走っていると

 

道の駅 「四万十大正」 に出ました

 

そこでBMWR1200に乗られた愛媛の方とお話を

 

その方も四国はだいたい走ってしまったから、なんとなしに流してたとの事

 

でも、そう思って走ってみても、脇道に入るとまだ走って無い道ありますよねぇとお互いに・・・

 

しばらくお話をしてその方が出発された後にスポスタに乗られた少し年配の方が到着

 

その方ともしばらくお話を

 

その方は、そのスポスタで四国のお遍路を、もう2回周ったとのこと

 

目的地を追いかけながら走るのも楽しいですよと教えてくださいました

 

そこから国道381号線を愛媛県の宇和島方面へ向って走りました

(もう国道名、地名出してるし^^;)

で、ゴハンを食べるために

 

「道の駅四万十とおわ」へ

 

すると、さきほどのBMのお兄さんがソフトクリーム食べてました 

 

暑くて、休憩しないと無理ですわと苦笑しながらソフトクリーム食べてましたよ^^;

 

僕はここでブランチです

 

川風を感じながら食べる、おむすびと牛串とコーラ、最高でしたよ^^b 

S_5                           

                            

                            

                            

                              

                            

                            

食べ終えて、バイク置き場に戻ると隣に三河NOのヤマハTDM900に乗られた方が

 

荷物満載の姿に思わず声をかけました

 

20少し位の神奈川のお兄さん

 

なんと、昨夜の8時に関東を出て、ぶっ続けで、高速を走ってここまで来たと・・・・・

 

もちろん寝てないですよとにこやかに^^;

 

すごいわぁ・・・・・

 

この後の予定を聞くと、愛媛の宇和島に向かい、それから戦闘機紫電改の展示場に行って、今夜は、高知県の竜串のキャンプ場に泊まる予定だと

 

紫電改の展示場へ行くんなら、そのあと是非 「高茂岬」の夕日をと、お薦めすると

 

是非見て行きますとの事

 

でも・・・・・そこで夕日見ると、キャンプ場に付くの・・・・

 

と言いましたが、慣れてますのでと笑顔

 

おもわず

「う、うらやましい・・・」 

って言っちゃいました^^;

あまり引き止めてお話すると後の予定に響きそうだったので、くれぐれも気をつけてと声を掛け、見送りしました

 

しかし・・・・

 

関東から、一晩で・・・・・・

 

い、いけるもんなんだなぁ・・・・

 

と、頭の中にNyaaaさんの おナナハンが出てきましたよ^^;

 

 

その後は、僕も宇和島に出て、宇和島の津田町と言うところから国道を外れてまた山の中に

 

だって・・・海沿い、熱いんですもの^^;

 

ここから高知県宿毛市へつながっています

 

しかし、山中とは言えども、午後になると熱い熱い・・・・

 

なんだか意識が朦朧としてきます

 

ふと道から見下ろすと川に降りれそうな場所が

 

そっこう降りて顔バシャバシャやって、頭を川の中に突っ込みました

 

S_6                                    

                               

                               

                             

                            

                         

                           

その後、生き返ったのは良かったのですが、髪が乾くまでヘルメットが被れません・・・・ 

 

木立の下でしばし乾くのを待ってましたが、なかなか乾かないもんすねぇ

 

そのうちに、またまた体温が上昇・・・・・ 

 

我慢できずに濡れたままでヘルメット被って出発・・・・・ 

 

宿毛からは、国道56号線を通って帰ってきましたが、ほとんど海沿い・・・・

 

熱いよぉ、熱いよぉと呪文のようにつぶやきながら、帰りました

 

最後の方2時間位は思い起こしてもなんだか記憶があいまいですわ

 

でも、今回いろいろなバイク乗りの方とお話出来て、気が付くと心が軽くなっていた様な気がしました

 

やっぱしバイク乗って、バイク乗りの方と話して、これが一番の心の特効薬だなぁと思った1日でした

 

しかし・・・・・・・ 

 

はやく涼しくならないかなぁ^^;

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

ブログランキング参加中です。

お手数をお掛け致しますが

どうかここは一つ

バナーをポチっと押してやってくださいまし

バナーはコチラ(σ-"-)σにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ 

|

« おもしろいの見つけたよ | トップページ | 夏のなごり »

コメント

四万十川、ボクも走りました、あのときはイーハトーブでトコトコ…。
沈下橋が何基もあって、それを横目に見ながら四万十川の横の道を行くのですが、
夕暮れも迫ってきますし、宿も決めてないし、だだだ〜と通り過ぎてしまい、今となっては少しモッタイナイ気がしております。

でも、「ここぞ!」という場所で沈下橋の真ん中にデーンと単車を停めての撮影はやりましたよ〜


※息子さん、機嫌直ってくれましたでしょうか。
 お父さんとして一番ツラいところですね。
 ネッスルさん、がんばれー

投稿: jam | 2009年8月25日 (火) 16時18分

☆jamさんへ
四万十沿いをトコトコ走ると気持ちよかったでしょ~
急ぎ通り過ぎたとは、本当に勿体ないですよ
四万十のほとりの夕暮れもいいですよぉ
今頃だと夕暮れの川面にカジカの鳴き声が聞こえて・・・・
また是非おこしくださいな^^b
チビスケは僕が帰るとすぐにご機嫌になってくれて、その日は1日中べったりでした^^;
まぁ、父ちゃん冥利につきるってやつでしょうから喜ばなきゃなぁ^^;

投稿: ネッスル | 2009年8月25日 (火) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500223/46007717

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱし夏は熱かった・・・:

« おもしろいの見つけたよ | トップページ | 夏のなごり »