« 土砂降りの雨の中へ(九州ツーレポその2) | トップページ | トライアンフのお店にて(九州ツーレポその4) »

2009年5月13日 (水)

だんご汁、うめ~(九州ツーレポその3)

その日、僕らが入った温泉は、熊本県菊池市旭志麓と言う場所にある四季の里と言う温泉

こんな山中にと思うような所に立派な施設がありました

さすがにこの日は沢山の人でにぎわっており、九州弁のアクセントが賑やかに飛び交う中でしたが、浴場は広々としており、ゆっくりとお風呂を楽しめました

風呂を出てから、ロビーでうろうろしていると面白い注意書きがありまして

「持ち込みの弁当殻はお持ち帰りください」

と・・・・

一人や二人の方が持ち込むのならこんな注意書きは無いでしょうから、結構皆さんお弁当持参でゆっくりされに来るんだろうなぁと思いました

あ、ちなみに、館内にレストランもありましたよ^^;

 

温泉を出て、駐車場に帰り出発しようとすると弟が

「あ、あれ・・・・」

どうしたのか?と聞くと

「いや、ヘッドライトのLOWの球が切れたようだ」と苦笑い

大丈夫、大丈夫といいながらhighとlowを繰り返していたら

プツンと・・・・

「ああああああああああああああ」

と、二人して叫んでしまいました

アホな弟が、highの球まで切りやがりまして・・・・・

 

ここは、阿蘇の山中、施設を一歩出ると、真っ暗闇・・・・・・

 

しかも戻り道は、グネグネのセマセマの道です

 

まぁ、悩んでいても仕方無いので、僕が先頭に立ち、周りを照らしながら走り、弟は僕のすぐ後ろを走ってくると言う手段で、どうにかキャンプ場まで無事戻ってきました

 

時間も結構な遅い時間になっており、慌てて暖をとるために火を起こし、食事を始めました

 

今日のメニューは 大分名物だんご汁

帰ってきてから調べますと、だんご汁とは

 

「だんご汁だんごじる)とは、大分県を中心に食される九州の郷土料理。大分県の「手延べだんご汁」は農山漁村の郷土料理100選に選定されている。」

と言うほどの立派な郷土料理なんだそうです

この日に食べた、だんご汁は生麺に粉末スープが入ったやつでしたが、一口食べて

「だんご汁、うめ~!!!」

と叫んでしまった位おいしかったです

ある程度たべてから、水と味噌を足して、その中に牛肉と豆腐を投入

少しもの足りなかったので、ガーリックパウダーを少々入れると、もう、これ最高!!って感じでした

S                               

                         

                            

                             

                                   

                          

                           

                                                         

この時、気が付いたのですが、九州の方のトウフって少し甘い感じがするんですよ

あまい豆腐っていったら想像しにくいと思いますが、ほんのりとした甘さがとてもおいしかったです

熱々のだんご汁をつまみにビールを飲んで、ネッスル兄弟の阿蘇の夜は更けていきました

 

しかし、ネッスル達は、熱々のだんご汁で唇を焼けどしまくり、この後九州に居る3日間を火傷した唇で過ごす事になるとはしる由もありませんでした・・・・・・

 

翌朝、5時30分頃に目を覚ますと、なにやらキャンプ場内に鳴り渡る地響きの様な音・・・・

 

最初は何の音か分からなかったのですが、恐ろしいほどの大音量の、弟のイビキでした^^;

 

ほかにもキャンパーが居るので、ご迷惑になると思い、弟のテントに行き、外からテントを叩いたり、声を掛けたりしてもまったく反応無し・・・・

 

携帯を鳴らして見ましたが、イビキすら止まらないので、諦めて放置です・・・・

 

後は、他人の振りをするしか方法はありませんでした

 

雨の中、洗顔道具を持って炊飯棟まで行くと、ライダーらしき人が撤収したテントを拭いておりました

 

声を掛けておはなしを聞いてみると、大阪から来られたらしく、昨日は島原方面を走られていたとか

阿蘇をゆっくり見るつもりだったけれど、この天気だと期待できそうに無いので、今日も島原方面に戻って走るとおっしゃられてました

 

やがて、その彼は手際よく荷物をシャドウに積み込んで出発されました

 

彼を見送った後で炊飯棟から弟に何度か電話してみるも、ここまで聞こえてくるイビキはまったく止まる気配なし・・・・

 

しかたが無いので、雨の中のテントに戻って天井を眺めながら、

「雨だし・・・・今日もここで泊まっちゃおうかな~」

なんて考えておりましたとさ^^;

S_3                                      

                                    

                                      

                                        

                                      

                                       

                                      

                                    

                                   

                             

                                          

最近記事を書くのが、夜遅くからになってしまいまして、ひじょーに眠いので、本当に遅々として進みません^^;

今日の記事なんて、風呂入る前から翌日の朝までなんて(TT)

大変申し訳ございませんが、今回はこんな調子でかなりの回数になりそうな予感が^^;

すいませんがこれも乗りかかった船、毒を食らわば皿まで、坊主憎けりゃ袈裟まで憎い!!

などとも申しますのでよろしくお付き合いくださいませ m(_ _;)m

 

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

ブログランキング参加中です。

お手数をお掛け致しますが

どうかここは一つ

バナーをポチっと押してやってくださいまし

バナーはコチラ(σ-"-)σにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ

|

« 土砂降りの雨の中へ(九州ツーレポその2) | トップページ | トライアンフのお店にて(九州ツーレポその4) »

コメント

九州の豆腐!!
確かに甘かったよ!
五木村で食べた豆腐美味しかったもん!!
ツーレポ楽しみ。

投稿: じゃく | 2009年5月14日 (木) 00時39分

2・3を一気に読ませていただきました。
ネッスル兄弟の珍道中(?)、雨で残念なこともありますが楽しいです^^
何回笑いそうになったか…^^;
続きがさらに楽しみ♪

投稿: 嫁太 | 2009年5月14日 (木) 08時34分

だんご汁旨いですよね!大分では『だご汁』って言ってます。ちょっと肌寒い中で食べる汁って最高!
私もつい先日、大人数でキャンプに行ったときデッカイ寸胴鍋で作った豚汁が最高でした!
これからのキャンプの時には欠かせないメニューになりそうです。

投稿: ゆら吉 | 2009年5月14日 (木) 23時19分

☆じゃくさんへ
やっぱし九州の豆腐あまいですよね!!
よかった、僕が食べたやつだけかと思ってました^^
じゃくさんのコメで確信が持てましたよ^^b
 
☆嫁太さんへ
珍道中でしょ~
本当はもっとアホな会話を繰り広げながらなんですけど、どうも全部書くのも恥ずかしくて、ちょこっとになってます^^;
もちっと頑張って書きますね^^;
 
☆ゆら吉さんへ
だご汁って言うんですね
だご汁初めて食べましたけど美味しいですよね~
あの麺の感じ、麺好きにはたまりませんでしたわ^^
大鍋で作る豚汁ですか、うまそう~
こんどやってみよう^^

投稿: ネッスル | 2009年5月15日 (金) 15時03分

やっぱ「だご汁」のことだったんですね。
友人達も良くだご汁美味かった~と言ってましたから覚えちゃいました・・・行ったこと無いけど。
いいな~雨以外
九州行きたい~~~
そして弟さんは無事目覚めたのだろうか・・・

投稿: 仙人 | 2009年5月15日 (金) 17時54分

☆仙人さんへ
だご汁が地元での呼び名みたいですね
僕も初めて食べましたが、名物にうまいもの無かりけり?なんてとんでもないですよ
めっちゃ旨!!
九州へ行った際は絶対欠かしちゃだめですよ^^
ふふふ、うらやましいでしょ、雨、以外(TT)
弟?えぇ、目覚めましたよ、八時過ぎにね^^;

投稿: ネッスル | 2009年5月15日 (金) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500223/45005116

この記事へのトラックバック一覧です: だんご汁、うめ~(九州ツーレポその3):

« 土砂降りの雨の中へ(九州ツーレポその2) | トップページ | トライアンフのお店にて(九州ツーレポその4) »