« 冬の過酷ツーリング(その一) | トップページ | 過酷ツーレポその3(コンカイハカコクジャナイケド) »

2008年11月26日 (水)

過酷ツーレポその2

四国山地の真っ只中を走り続けるネッスル

日に照らされ始めた山の稜線はすっかり雪を頂いていて、眺めていると、体感温度を更に下げてくれている
走っていると、やがて少しづつ気温が上がってくるのがわかる

これだけ気温が低いと、気温の微妙な変化さえ体感できる

気温が上がってきてるのをみると随分低い所までおりて来ているようだ
日差しが体に当たってくると嬉しくて涙がでそうになる

太陽の温かさがこれほどありがたいと思った事は今までも何度もなかったと思う・・・

しまなみ海道に乗り、来海峡大橋島の袂にある「来島大橋SA」で休憩
SA内は北側から来島大橋が一望できる良い場所なんだけれど、寒さに震える僕は南側の日の当っている場所で駐車場を見ながら座った
まぁ、こちら側の席はガラガラで着膨れした僕の周りには誰も居ない・・・
SAで「くるしまうどん」を食べる
300円ちょっとの素うどんだったが、こんな時のうどんは体を芯から温めてくれて、本当にありがたい
300円でこれだけの幸せを味わえるなんて、なんて僕はラッキーなんだと不思議な気持ちになった・・・・
そう言えば、大学を出て、就職したのが、外での力仕事で、初めて迎えた夏に、炎天下の下で死にそうになりながら仕事をしていて、休憩の時先輩に言われた言葉を思い出した

 

蝉  「ジ~ワ!ジ~ワ!ジ~ワァァァァ!!!!!」

先輩 「ネッスル!! この仕事のすばらしい所はどこか知ってるかぁ?!!!」

僕  「( ´△`;) いいえ!わかりません!!」

 

蝉  「ジッ!ジッ!ジッ!ジッ!ジッ!ジィ~ワワワワヮァア~!!!!」

 

先輩 「よ~し、教えてやろうぉ~!! よおく覚えておけ~、この仕事のすばらしい所はなぁ、100円ちょっとで買った冷たいジュースをぉ、これだけ美味しく頂ける仕事はぁ、そう他にはないってところだ~!!!」
 

僕  「 Σ( ̄Д ̄;) わかりまじたぁ」

 
 
蝉 「ジャジャジャヤワワワワワワワァアアア!!!」

 
 
なんとも、悲しくも美しい思い出である・・・・

 

そして話は現代へ・・・
来島海峡SAでウドンを食べて、どうにか体の感覚が戻ってきた僕はしまなみ海道を北へ
まぁ、この寒い時期に北へ向かう僕は自分でもどうかしてるとしか思えない・・・・
でもしまなみ海道はいつもながら素晴らしい瀬戸内の風景を見せてくれて、日本って本当に綺麗な国なんだなぁとしみじみ思った

本州に渡ると時間の節約の為に山陽道に乗って走る
とりあえずの目的地の広島の宮島へ行くために廿日市ICを目指す
僕は学生の時広島に居たにもかかわらず、広島市内から離れた所に居たために、原爆ドームも、安芸の宮島も見たことがない
だから今回どーせ広島を通るんなら宮島くらいは冥土の土産に見とかねぇとなぁってわけで、宮島に行くことにしていた
途中の山陽道の「小谷SA」で再度休憩する頃にはAM10:00をまわっていた
トイレを済ませ、あわてて出発しようとバイクの所に行くとZZR1400乗りの方がいらっしゃいまして
寒いっすねぇと声をかけて話させてもらいました
その人は広島の人らしく、夜勤明けで岩国までバイクで走ってきて、今帰りだとの事
夜勤明けでこの寒さの中を走るなんて、物好き、いや、よっぽどバイクが好きなんだなぁと思いました
あ、自分の事棚にあげまくってますね・・・・
広島の方と言うことで、最近の天気やら雪が残っていそうなところやら、色々おしえてもらいました
いやぁさすが生の声を聞けると安心できます
ありがとうございましたZZRさん

お互いにお気をつけてと声を掛け会って出発
順調に廿日市ICを降りました・・・・
が!!!
R2号線は、ICを降りてすぐ位からものすごい渋滞です・・・・
並の渋滞じゃぁありません・・・
渋滞の中に2~3台バイクもいましたが、すり抜けさえ出来ない状態でその方達もUターンしてどこかに行ってしまいました
僕はしばらく渋滞の中にいましたが、もう我慢できずにUたーン
再度廿日市ICに乗り山口を目指します
まぁ、宮島は諦めたと言うことです・・・・
冥土の土産には別の物を持って行こうと思いましたです・・・

岩国からは下道の海岸線を通って行く予定でしたので岩国ICで山陽道を降ります
そして海岸線のR188号の入り口を探しますが、見つかりません・・・・
このあたりで時刻はすでにPM1:00
かれこれ7.5時間ほどホトンドぶっつづけで走ってまして、かなりヘロヘロ状態でして
看板にも気が付かないほど疲労してきてました
道に迷ってウロウロウロウロ・・・・
ふと対向車線を見ると・・・・

Σ(゚д゚;)  ハーレーのディーラーが!!!
あわてて飛び込みますと
つなぎを着た整備師さんと思われる方がニコニコしながら来てくださって
道を尋ねるととても親切に教えてくれました
その方、以前仕事で高松の方にいらっしゃった事があって、四国の事がとても懐かしいといってられました
今日の目的地である場所を伝えると、ここから4時間は掛かるとの事で、かなりゲンナリしましたが、高速を使うよりはそりゃぁこちらの道がオススメですよと言う言葉で頑張ってした道を走る事にしました
教えて貰った通りに走るとすぐに入り口は見つかり、なんで今まで迷っていたのか不思議なくらいでした
海岸線の道はずっと街中の道でしたが、四国の太平洋側と違って、波が低いせいか堤防が低く、海をみながら走れるので良い気持ちでした
岩国から光市や防府市などを通り、宇部市へ

防府市を過ぎたあたりで携帯を見るために手袋を脱ぐと、なんだか右手が痛い・・・・

そう、昨日お伝えしたように、グリップヒータを握り続けていた右手が、低温火傷でひどい状態に・・・・

すこし温度が高すぎたようです・・・・・

でもやっちまったものはしょうがない、赤黒くなった右手をもう一度グローブの中に押しこんで再度出発・・・・

 
このあたりで気が付きましたが、四国なんかの海岸線の道って言えばのんびりした風景を思い浮かべますが、このあたりは違いますねぇ
ずっと大きな工場とか有って、どこも都会だなぁと・・・
線路沿いを走っていると、コンテナが幾つも連なった列車が追い越していきます
四国と違って物流の多さを垣間見たような気がしました
 

宇部市まで着けば、後はどうにかわかるだろうと思ってたどり着きましたが、キャンプ場が見当たりません・・・・

てか、この町も大きな工場があって、大きな町で、どこも大通りで、いっぽん道を間違うと、自分がどこにいるのかすらわからなくなってしまいます・・・

時間はもうすぐ17:00です、夕日を見たくて取ったキャンプ場でしたのに、日はすっかり傾き、夕日も見えるかどうか危ない状態です・・・・

 

迷いまくってやっとキャンプ場に到着し、受付に駆け込みます

僕 「予約してた、高知のネッスルです!!! ゆ、夕日は、まだありますか?!!」

管理人さん 「おぉ、お待ちしてましたよ、夕日まだギリで大丈夫です!!!」

とのやりとりの後、キャンプ場内の少し高い場所に上がって西の空を眺めました・・・

高知をでてから走り続けた12時間・・・・

今日はこの夕日を見るために来たのだなと思いながら、九州の山並に沈み行く夕日を眺めていました

本日の走行距離 530km・・・・・キツカッタ

S_3

                                                               

                                         

                                      

ブログランキング参加ちゅです。

バナーをポチっと押してやってくださいまし

(σ-"-)σにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ

|

« 冬の過酷ツーリング(その一) | トップページ | 過酷ツーレポその3(コンカイハカコクジャナイケド) »

コメント

長い一日でしたね~
でも、なんかこんな走り方懐かしいです
昔を思いだす無謀さ(爆)
若いっていいなあ~~~若い?(笑)

どっか行きたくなってきた~~

いよいよ火遊びの始まりですね(o^-^o)

投稿: 仙人 | 2008年11月27日 (木) 18時37分

☆仙人さんへ
長かったっす~
辛かったっす~
走っても走っても着かないんですよ・・・・
寒くて辛くてTT
若い??
ゼンゼン若くないですが、無謀さと、気持ちだけはマダマダ若いつもりで頑張ってますよぉ^^;
心持は幾つになっても若くですよね^^;
頑張って、どっか行きましょ~^^
火遊びは楽しかったですよ^^;

投稿: ネッスル | 2008年11月27日 (木) 21時27分

ネッスルさんよくこの寒い中キャンプする気に
なりますねぇ!
寒がりなのでバイクで数時間走るのも嫌です!
過酷だけど強烈に胸に刻まれたキャンプに
なったことでしょう。
そういえば防府市はNyaaa家の本籍地なので
そのうちバイクで行かなければ!!!!

投稿: Nyaaa | 2008年11月28日 (金) 00時05分

あら?
これって罰ゲームのレポですか?(^m^)プププ

てか、過酷すぎますよ!!!!
読んでて私も寒くなってきましたよ!
グリップヒーターの低音ヤケドも悲惨っすねぇ。。

でも、そんな困難をくぐり抜けての夕日は格別に綺麗だった事でしょう^^b

投稿: 三十路♀ | 2008年11月28日 (金) 01時03分

☆Nyaaaさんへ
そんなんすよ、なんでこんなに寒いのにキャンプがしたいのか、自分でも全然分からなくて自問自答しながらの旅になりました(TT)
ちなみに答えはまだ出てません・・・
このレポを書き終わる頃に答えが見つかればと思って居ます^^;
たしかに心に氷でできたナイフで思い出を刻みこまれたツーになりましたね・・・しかし寒がりでバイクに乗るの嫌なんてNyaaaさん、ぶっちゃげすぎっすよ
防府市本籍なんですか~、結構な町でしたよ、Nyaaaさんも早くいかなくちゃ^^b

☆三十路♀さんへ
∑( ̄ロ ̄;)!ホエー!!
そうだったのか、罰ゲームだったのか
本人全然気が付いてませんでしたわ^^;
まぁ当時の寒さが少しでもお伝え出来たようで、良かったです^^;
キャンプ場でホットして眺めた夕日は素晴らしく美しかったですよ
あ、低温やけど、ようやく治ってきました^^;この後もまだまだ罰ゲームレポは続きます
さらに過酷に・・・


投稿: ネッスル | 2008年11月28日 (金) 17時32分

お久です~。
乗ってる最中の自問自答もバイクの醍醐味ですよ。そして答えが出ないのも(笑)。
以前、この時期に尾道に遊びに行ったことがありますが、行きの中央道で、僕も自問自答してました。
700km位高速を走って、見かけたバイクはわずかに1台(笑)。

グリップヒーターは、一度経験すると、もう外せませんね。
今月、沖縄にツーリングに行って来たのですが、さすがに11月ともなると風が結構冷たくて、グリップヒーター入れっぱなしでしたよ!

>>僕 「予約してた、高知のネッスルです!!! ゆ、夕日は、まだありますか?!!」
>>管理人さん 「おぉ、お待ちしてましたよ、夕日まだギリで大丈夫です!!!」
臨場感溢れる会話だなあ(笑)。

投稿: ulse74 | 2008年11月29日 (土) 17時24分

☆ulse74さんへ
お久しぶりです~^^
バイクに乗ってるとなんであんなに色々考えるんでしょうかねぇ
グルグルグルグル・・・・
そそ、答え出ないんですよね、なぜか^^;
なんか禅みたいっすよね^^;
Σ(・口・) 700kmっすか!
凄いなぁ、想像できない・・・
走り終えたら体ボロボロでしょうねぇ
しかし、530kmなんてマダマダな距離なんですね^^;
沖縄ツーですか!!
色々なところいってるんですね
沖縄かぁ、バイクで走ると気持ち良いだろうなあ・・・
街に置いてもバイクが綺麗だろうし・・・
行ってみてぇ・・・
でも沖縄でもグリップヒータ要るんですか?
何時も夏みたいな気してました^^;
管理人さんとの会話、リアルでしょ
事前にメールで夕日の事とかもやりとりしてたので、僕が夕日にこだわっている事を知ってての会話だったんですよ^^
とても良い管理人さんで過ごしやすい場所でした
いつかもう一度行ってみたい所です^^

投稿: ネッスル | 2008年11月30日 (日) 07時52分

過酷ツー最初から読んでます。
お疲れ様でした~。^^
夕日見れて良かったですね。

投稿: 弾正 | 2008年12月 4日 (木) 17時26分

☆弾正さんへ
最初から読んでくださってるんですね、ありがとうございます^^
夕日が好きであちこち行ってますけど、ここの夕日も本当に綺麗でしたよぉ^^

投稿: ネッスル | 2008年12月 6日 (土) 13時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500223/43236814

この記事へのトラックバック一覧です: 過酷ツーレポその2:

« 冬の過酷ツーリング(その一) | トップページ | 過酷ツーレポその3(コンカイハカコクジャナイケド) »