« 「素敵な目覚め」の巻(阿南その1) | トップページ | 「四国最東端の岬にて」の巻(阿南その3) »

2008年5月27日 (火)

「椿泊町の軒先」の巻(阿南その2)

木頭村を抜けて那賀川にそって下って行くと、途中で沢山のカヌーイスト達が濁流に挑んでいる姿を見る

カヌーってあれだけの流れに逆らって止まったり出来るんだなぁと、ぼんやり考えながら走る。

途中那賀町の「もみじ川温泉」 と言う名前の道の駅に止まる

携帯をみると、二時間前の職場からの着信履歴があった。

あわてて電話を掛けると、今手が離せないので折り返し電話します! と言って電話を切られた・・・・・

 

折り返し電話するって言ったよね・・・・

  

って事は、電話かかってくるまで待たないとダメなんだよね・・・・

   

徳島県那賀町もみじ川温泉道の駅・・・・・

   

山の中のこの場所で、しばら~~~~~~く佇んでおりました・・・・・

  

∑( ̄Д ̄;) い、いつまで待てば良いのだ????

  

走りだすと携帯が鳴っても分らないので出発できない・・・・

   

かと言って、朝の8:00前に職場から掛かってきてた用件を、放置するのも心配だし・・・・

う~~~~~~~~~~~~~~んっと悩んで

   

携帯を開いて、ジェットヘルの耳のトコロに突っ込んで走りだしました

  

30分ほどで耳が痛くなり、腹が立って携帯をポケットに入れて、放置を決め込む

    

知らないもんね~僕はしばらく待ったもんね~

  

・・・・・・

  

・・・・・・

  

・・・・・・

 

・・・・気になるので30分後にもう一度、職場に電話してみる・・・・・

小心者である・・・・

しか~し、今度は電話に出てくれない・・・・

今度こそ、知らないもんね~

と言うものの、気になって、内ポケットに入れた携帯電話を服の上から握りながら走る・・・・

   

・・・・・・・

  

つ、つまんね~!!!

気にしながら走るのつまんね~ (TmT)ウゥゥ・・・

  

折り返すと言う電話から、かれこれ2時間ほどたって、またこちらから電話をしてみるが、やっぱしでない・・・・

諦めて出発しようとしたその時電話が鳴りました!!!!

 

「すいませんバタついていて電話できませんでした」

  

うぅうん、電話が繋がっただけで良いの (TwT。)

良かった良かったと思いながら用件を聞くと・・・・

は?今度の打ち合わせの日、木曜日で良いかって????

  

・・・・・良いよ・・・・・・

と爽やかに答えて電話を切ってしばらく呆然と考えてまして・・・

    

・・・・・・・・・  

・・・・・・・・・

      

で、でもさ、それって・・・・・日曜日の朝8:00にしてくる用事かい \(*`∧´)/ ムッキー!!

   

あ、まぁ、職場は仕事してるから、言ってみれば僕も正確には休みではないけれど・・・・

  

・・・・・・・・

   

・・・・・・・・

      

はい、すいません、僕が悪かったです m(_ _;)m ゴメンナサイ

 

ま、まぁ、とりあえずココからは、心置きなくツーリングを楽しめますわ~

  

で、阿南市に入り国道55号線に乗り換えて少しだけ南に下ります

で、今回の四国最東端岬の手前にある、椿泊町と言う場所に向かいます

ここ、その昔、阿波水軍の居た場所で、古い町並みなどが残っていて良い雰囲気のところだと、ネットで見てたので、どうしても行きたかったのです。

Photo                        

調べて見ると、古い町並みなので、道が狭いという事でしたが

な~に、こちとらSRよ~!!狭い道なんざぁ御手のものさぁね~

と行きましたが・・・・

な、なんじゃ、こりゃぁ ( ̄▽ ̄;)!!

狭いにもほどがあります・・・・

軽トラックが一台通れるか、通れないかって言うか、実際入っているんですけど、入っている事が不思議なくらいで・・・・

教習所のクランクカーブの練習が初めて役に立ちました・・・・

確かに古い町並みで素敵なんですが、もうひしめき合って立っているって表現でして、おまけに日曜日だったので、そこらじゅうに住民の方が出てきていらっしゃいまして、車をあらったり、散歩をしたり、縁側に出ていたりとかで、その中をSRで通るのですが、幾らノーマルのマフラーが静かだといいながらも、のんびりした休日の、お家の軒先を、よそ者がバイクで無遠慮に乗り込んで行くと、どうにも場違いな感じでして・・・・

しかもその狭い狭い路地を自転車やら、バイクやら歩行者、軽トラックが、ガシガシ突っ込んでくるんですよ・・・・・

もう歩行者とSRが擦れ違うのだって緊張するくらいなのに・・・・

バイクで入って来たことをマジで後悔しました

しかしながら、なんせこの狭い道、もう進むしかありません・・・・

時速は10Kmも出てませんが、狭い道の、そこらじゅうに人が出ていますので、もうドキドキです・・・・

どうにか行き止まりのところまで辿りつきましたが、なんだか人んちの庭先の様なところでして、鎖に繋がれた犬に吼えまくられています・・・・・

もうあわてて、堤防の上にあがって写真を撮りました

S_2                         

                              

湾内に浮かぶ漁船が、古の阿波水軍の軍船の様に見えて風情のある光景でした。

犬に吼えられながら慌てて、来た道を戻りはじめましたが、遠くの方に何かが見えました。

道幅約1.5m程度の道路に水路が横断しているのですが、その端っこの方に、6歳位の女の子がしゃがんでまして・・・・

遠くから見るとどうも、お尻をまるだしにしている様に見えまして・・・・

ん~~~~~~~~~まさかなぁ・・・・・

たぶんそう言う柄のズボンを穿いてしゃがんでるのかも?っと思いながらゆっくりと近づいて行きましたが・・・・・

いんや・・・・ズボンを下ろして、その水路に今まさにオシッコをしている真っ最中でして・・・・・

道幅約1.5m・・・・左ギリに走って、しゃがんでいる女の子とバイクの距離約1.0m・・・・

ゆっくりゆっくり驚かさないように、近づいて行きました、心の中はゴメンネ~悪い時に通りがかっちゃったよ~ (T_T)

それでもどうにか通過できそうと言うその時!!!

道の右側から母親と思わしき人物があらわれ、左側からも母親と同じ位の女性が出てこられまして、もんのすごい形相で僕の方を睨んでらっしゃいます Σ(゚д゚;) ヌオォ!?

もう今にも両側からダブルラリアットでもくらわされそうな雰囲気でして、この人々の日常に土足で踏み込んだバカなバイク乗りをどうしてくれようか!!てな感じです・・・・

ひえ~すいません、すいませ~んとなんとか、無事に通り過ぎました・・・・・

   

だって・・・町の入り口には観光案内みたいなのもあったし・・・・・

だって・・・・こんなに道が狭いと思ってなかったし・・・・・

椿泊町の皆様ごめんなさいでした~  (TT▽TT)

どうにか無事に出てこられて心からほっとしました・・・・

ここは、平日に歩いて散策するのが良いかと、心から思いましたです、はい・・・・

 

気を取り直していよいよ蒲生田岬に向かいます

 Photo_3                                                                                   

               

             

途中突き出た堤防の上までバイクで乗り込める場所を見つけたので迷わず乗り込んで撮影しました

S_3                                     

 

 

ここからいよいよ四国最東端蒲生田﨑の出番なのですが、今日はniftyのサーバがえらく重たくて、さっきからエラーが出まくりなもので、すいません・・・・この続きはまた明日って事で御了承御願いします r( ̄_ ̄;)

 

いつも応援ありがとうございます。

本日もどうかバナーをポチっと押していってくださいませ^^;

にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ

|

« 「素敵な目覚め」の巻(阿南その1) | トップページ | 「四国最東端の岬にて」の巻(阿南その3) »

コメント

ネッスルさん 、こんにちは!

前回の続きでエッセイ風かと思いきや、電話から一転、漫画風になってしまいましたね(笑)
笑えました、でも休日の会社からの電話は気になりますものね~。
続きも楽しみにしています。

投稿: akazao | 2008年5月28日 (水) 06時48分

akazaoさん、うけていただけましたでしょうか?^^;
まぁ頭がマンガチックに出来てますので、エッセイ風は続いては無理みたいですぇ・・・
エッセイ風に書こうと思うとかなり苦労するんですよ、これが^^;

うちの会社は年中無休なので、なかなか心からの休日って無いんですよ・・・・
バイクに乗っていても着信が分るように出来ないかなぁと最近考えてます。

続きはエッセイ風になるのか、まんが風になるのか、その時の気分なので、僕にも分りませが、あんまし期待せずにお待ちくださいませ~^^;

投稿: ネッスル | 2008年5月28日 (水) 12時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500223/41343716

この記事へのトラックバック一覧です: 「椿泊町の軒先」の巻(阿南その2):

« 「素敵な目覚め」の巻(阿南その1) | トップページ | 「四国最東端の岬にて」の巻(阿南その3) »