« 「椿泊町の軒先」の巻(阿南その2) | トップページ | ツーレポに疲れたので、症例報告作りました »

2008年5月29日 (木)

「四国最東端の岬にて」の巻(阿南その3)

椿泊町を無事に脱出した僕は、いよいよ四国最東端の蒲生田岬を目指す。

S_2                                     

海岸線に続く道は、幅はけして広くないが、SRでのんびりと走るには問題無い道だ。

しばらく走ると道路のはじっこに何か居るのを見つける、道を横断しようとしている猫の様に見えた

その猫は僕のバイクが通り過ぎるのを待っているようで、なかなか頭の良い猫だと思いながら良く見ると・・・・・

長めの先に丸い鼻・・・・・

猫じゃない!!なにこれ?

初めて見たが、どうやらアナグマと言うやつらしい・・・・

間の抜けた顔をしているが、いや、なかなか可愛らしい

僕のバイクが通り過ぎるのを、なんだか申し訳なさそうにうつむきがちに待っている

通り過ぎてバックミラーで見ると、右を見て左を見て、ゆっくりゆっくり道路を渡っている姿が見えた

アナグマって愛らしい動物なんだなあと、初めて見た動物に嬉しくなった

まわりに家もほとんどなく、途中あった船瀬温泉保養センター以外は店らしい店もない自然の中に続く道を走るとやがて 「蒲生田岬」 へ辿りついた。

小さめの駐車場には一台の車も止まってなく、僕は灯台へ向かう道の、入り口に一番近い場所にバイクを停めた。

SRのエンジンを切ると、聞こえてくるのは潮騒の音だけで、まさしく「四国最東端」の岬のイメージにぴったりだと思えた。

海岸際に続く灯台への道は一本だけで、海岸に出ると、すぐ灯台の姿が見えた。

S_4                                           

四国最西端岬のある佐田岬は観光地風になっていて、沢山の人が居たのに、同じ四国でここまで雰囲気が違うものだ

急勾配の階段を何段あるんだろうと、数えながら登って行く。

101段位を数えた時に大きな赤い蟹が足もとに居て、驚いてそれ以上数えるのを忘れてしまっていた

この蟹 アカテガニ といって陸上で生活の出来るカニだそうである。

この旅の途中のどこかでアカテガニが5月から6月になんとかと言う説明の看板を目の端に見たような記憶があるが、詳しくは覚えていない

運動不足の足をガクガク言わせながらようやく登り詰めた所に四国最東端に建つ灯台の説明書があった

S_5                                       

説明書の端に犬のキャラクターが描かれていたが、この寂しげな雰囲気に似合わないキャラだなぁなどと、ぼんやり眺めていた

灯台から眺めた風景は曇り空と相まって、四国の地の東の果てにふさわしい光景で、ここまで来たことを充分に満足させてくれるものだった

S_6                                                   

                                                   

S S_2                                                

遠くに本州と思われる陸地が薄っすらと見えていたS_9                                        

                                     

しばらく景色を楽しんだ後、急勾配の階段を下りると、ちょうど初老のご夫婦が階段の下で僕が降りてくるのを待っていた、挨拶を交わしてすれ違う・・・・

あのご夫婦、急な階段を登れるんだろうかと少しだけ心配になり、振り返って見ると、仲良く階段をゆっくりと登り初めていた。

   

蒲生田岬灯台を後にして海岸線を旧日和佐町に向けて進む

どうみても良い道とは言えない道をSRで、ひらひらと走る

どこに行くのか、どう走りたいか、そんなことはどうでも良くて、ただ出来るだけ、長い時間SRで走っていたい、そんな気分になっていた。

雨は相変わらず降ったり止んだりで雨具を着るべきか悩みながら走っていた、気が付くとジャケットはすっかり濡れていて、今更雨具を付ける意味もないように感じて、そのまま走り続ける。

潮吹岩展望台と言う看板を見つけて、案内にしたがって、SRを脇道に入れる。

潮吹岩の説明や、この辺りにある言い伝えの看板があった

満潮時だと30m以上潮が吹き上がると言うことだが、今日は時間帯が悪いようで、吹き上がるのを見ることは出来なかった。

S_11                                         

この岩から潮が吹きあがるそうだ

S_13  S_14                                                       

そこから見た景色も、息を呑む位綺麗な光景でした                           

  

 

本日も御愛読ありがとうございました。

時計は午前0時を廻りました~

もう眠くて限界なので、このつづきはまた明日、阿南その4につづきます・・・・

 

いつも応援ありがとうございます。

どうかお帰りの際はバナーボタンをポチ~と押して行ってくださいませ~

( ̄人 ̄;)オ・ネ・ガ・イ

にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ ヤマハへにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

|

« 「椿泊町の軒先」の巻(阿南その2) | トップページ | ツーレポに疲れたので、症例報告作りました »

コメント

ありがとう♪
久しぶりに蒲生田岬灯台が見れました。
岬までの道が、柏島までの道になんとなく似ていたような記憶です。
灯台のすぐ下に広場があったでしょ?
バイクごと遊歩道を失礼して入り、そこでキャンプした事があるんですよ・・・台風の前に。朝、海が荒れててあの遊歩道まで波が来てるときは泣きそうでしたcoldsweats02
そうそう、灯台の階段凄い急でしたね~☆

アナグマを探しにまた行かなきゃな(笑)

投稿: 仙人 | 2008年5月29日 (木) 16時36分

仙人さん楽しんでもらえてよかったです~^^

あの広場でキャンプしたんですか ノ( ̄0 ̄;)\
強わものにもほどがありますよ・・・・
しかも台風が近づいているときなんて・・・・
ふ、普通じゃないですよ・・・・
・・・・・・・
で、でもあの場所、僕もキャンプに良いなぁと思いましたけどね^^;
あ!アナグマが仙人さん来るの待ってましたよ(笑)

投稿: ネッスル | 2008年5月29日 (木) 17時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500223/41354089

この記事へのトラックバック一覧です: 「四国最東端の岬にて」の巻(阿南その3):

« 「椿泊町の軒先」の巻(阿南その2) | トップページ | ツーレポに疲れたので、症例報告作りました »