2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2018年1月15日 (月)

昔の話

19歳の夏のこと


夏休みに入って地元高知に帰郷したものの、暇を持て余して友人Tとロッテリアでハンバーガーをぱくつきながらだべっていた時


長崎チャンポンと言う食べ物がこの世にあるらしいと言う話しになり


どんな食べ物かよくわからんと議論しているうちに


ほんじゃいっちょ明日から食べにいってみるか

原チャリで


と話しは決まり


翌朝5時集合とだけ決めて

ロッテリアを飛び出して大急ぎで帰宅


お袋が車の免許を取ってから要らなくなったと裏庭に雨曝しで捨ててあったスズキスワニー


ガラクタの中からどうにか引っ張りだして


十数回キックしてみると見事にエンジンがかかってくれた



道路事情もまたまだ良くなかった頃の話し


今じぶんなら酷道と呼ばれるような道ばかりを


野宿しながら1週間


長崎チャンポンを食べる為だけに行ってきた



走った距離は1500キロ


こんな格好で走ってた









食べる物は一盛り100円で売っていたキュウリと食パンにマヨネーズをかけたもの



次々と巻き起こるトラブルと言う名のイベントをクリアしながらもどうにか死なずに帰ってきた



帰ると同時に僕を乗っけて走り続けてくれていたスワニーは


プスン

と言ったっきり2度とエンジンがかかる事は無かった




ほとんど睡眠を取らずに走り続けた九州の道は

僕らに全身が総毛立つような奇跡の風景を見せてくれた



あの時に見た景色達以上の風景を見たことがない


あれから29年


未だにあの風景に会いたくてバイクで走り回っている


いい歳をして(笑)

お帰りの際はなにとぞポチッとお願いします
(σ* ゚ー゚)σ にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村



2018年1月14日 (日)

徳島県のサクラダファミリアに行ってみた

この冬1番の寒気が日本列島を覆う中

モンスタークレイジーバイクジャンキーの気分屋さん(女性)に誘われて(連行されて)

徳島県阿南市にあると言われるジャパニーズサクラダファミリアに行って来ました。


夜明け前は多分心臓が止まろうとするのを励まさなければならないほどの寒さであることが想像されましたので早朝から出かけようとするジャンキー気分屋(女性)にお願いして9時前からの出発にしてもらいました。


朝起きるとやはり肌を刺す寒さ


全身に8箇所のホッカイロを身にまといどうにか出発

集合場所のサークルKに着いて店内を見ると商品棚がガラガラ
ホットコーヒーを買って表に出るとゴミ箱を片付けている年配の男性がいらっしゃったので挨拶をして聞いてみと、やはり数日後にファミリーマート に変わるとの事



よく聞いてみるとその男性はこのお店のオーナーさんで16年間も1度の休みも取らずにこのコンビニを続けてきたこと
そしてこれを機にお店を別の方に譲られて引退されると聞きました。
色々な思いをお話しして下さって一言では言い表せない複雑な気持ちになりました。



更にお話しを聴くとこのオーナーさん
実は20年らいホンダ750Kに乗られていた超ベテランライダー


数年前に手放してからは息子さんの乗られていたカワサキの250のバイクを走らせているとのこと


何という名前のバイクなのか、最近はバイクの名前も色々あって覚えきれないよと笑いながら話しをしてくれました。


気がつくと30分以上も話しをさせていただいておりました。


タバコをふかしながら、あと数日でお店を閉めることになる話しをされる表情や、バイクの思い出を語る楽しそうな表情はとても印象深いもので、きっと忘れることはないだろうなと思いました。



しばらくすると気分屋さんも到着してオーナーさんにご挨拶をして出発
今日の目的地は徳島県阿南市にあるらしい、廃墟カフェ



3時間ほどの道のり



無茶苦茶寒かったけれど、この季節じゃないと見られない澄み切った空気の中の景色が素晴らしかったです。




到着した廃墟カフェ







事前の情報が無ければなかなかに入り辛い廃墟感


営業中と看板が出ているのがせめてもの救いですね(^_^;)
Photo

廃墟マニアの方も写真を撮っておられると思ったら気分屋さんでした(笑)



店内に入ってみると店内はとても清潔なカフェ
満員のお客さんで入れずに諦めて帰って行かれる方もおられました。
海老フライ定食を食べましたが身のしまった食べ応えのあるエビでボリュームもあって大満足

ここまできた甲斐がありました。
意外だったのが明らかに仕事中にお昼ご飯を食べに来ている感じの方がたくさんおられて、普通のカフェなんだなぁと思ってしまいました(笑)



あ、そうそう

なんでここがサクラダファミリアと呼ばれているか



情報によりますとこの建物

煉瓦を焼くところから全てオーナーさんがご自身でされていて

未だに建築中で未完の建物



複雑怪奇なデザインといい

まさしくかのサクラダファミリアを彷彿させてくれました。




心も体もすっかり満足しての帰り道



気分屋さんのガイドで素晴らしい夕日を見ることも出来ました


Photo_2
びゅうてぃふるサンセットですねぇ
途中道の駅でバイクの横で休憩をしていると突然後ろから年配の男性に声をかけられました。


大きいバイクですね、ちょっと跨がせてもらっていいですか?



大丈夫かなと思いながらも


どうぞどうぞとすすめると


なんとこの男性


跨ってから、ひょいとこの重たいドラスタを起こして


やっぱりいいなぁとニコニコ


バイクの扱いに慣れている感じがしたので聞いてみると



若い頃にはちょっと乗ってたんですよ、また乗りたいなと思ってて

との話し



是非復活されることをお勧めさせて頂きました。



しかしちょっと乗ってた風じゃあの慣れた扱いは出来ません(笑)



お礼を言われてから颯爽とさっていかれました。



朝お会いしたコンビニのオーナーさん


道の駅で出会った男性


この日は日帰りのプチツーだったけれど旅感をしっかり味わえる旅になりました。


やっぱり旅は人との出会いだなと思わせてくれるツーリングでした。



ちなみにこの日すれ違ったバイクの総数


全部で6台程度


やっぱりこの極寒の中を走る人(ヘンタイさん)は少ないようでした(^_^;)



いかんいかん

お店の名前を忘れてました



正式には廃墟カフェではなく

喫茶大菩薩峠

ウィキペディアに出てるくらい有名なんですねぇ



皆さま是非とも起こし下さい。

お勧めですよ。

ランキング参加中です、なにとぞバナーのクリックお願いします(σ* ゚ー゚)σ にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2018年1月 7日 (日)

7日目の日の出を見る為にライダーズイン中土佐に行ってみたのだ

どうも皆さま



気がつけば今年もすでに7日目



なのにここのブログはサンタさんの記事で止まっておりましてなんとも世の中に取り残されている感がありましたのでそろそろ年を越そうかと・・・・



えーコホン



まことに遅ればせながら明けましておめでとう御座います。



なにとぞ本年も宜しくお願いいたします。


とご挨拶をさせていただいた所で2018年の1発目のツーリング



初日出ならぬ7日目の日の出を見るツーに行ってきやした



金曜日の仕事を終わらせてから真っ暗な高速道路をぶっ飛ばして辿りついたのはライダーズイン中土佐



高知にはこのようなライダーに嬉しいライダーズインと呼ばれる宿が数箇所あります。



しかもここのライダーズインの管理人さんはご夫婦共にバイク歴うんじゅう年のベテランライダーさん



何度かツーリングに来られて、ここに惚れ込んで大阪から移住されたと言う筋金入りの本物ライダー



ここをライダー達の憩いの場にしたいと言う夢をドンドン実現されております。



管理人さんの素晴らしい人柄で施設と管理人さんのファンは激増中です。



あ、もちろん僕も大ファンです。



全国のライダー様方、高知の中土佐に有る
ライダーズイン中土佐に是非ともお越し下さい。



絶対に幸せな旅の思い出が出来ることは間違い無しですよ!!



で、この施設の前はプライベートビーチ



そこで見える朝焼けを見たくてくっそ寒い中走ってきましたー


徐々に空が赤く染まってきます。





そして光の道が







素晴らしい光景でした。



はぁ〜



やっぱり来て良かったぁ



ってなりましたよぉ



ちなみに自分の宿泊棟の前にバイクも止められますよぉ



こんな感じ





ねっ



素敵でしょぉ



管理人さんはフェイスブックもされてますのでそちらも宜しくお願いします。



管理人さん曰く



バイク乗りがいつでも気軽に遊びに来てくれる場所になって欲しい



とのこと



いやぁ



どらお



入り浸りになりそうです(^_^;)



ランキング参加中です、なにとぞバナーのクリックお願いします(´༎ຶོρ༎ຶོ`)



にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2017年12月27日 (水)

あんた、すげぇよ

真冬にバイクに乗るのはとても寒い









当たり前だがとてつも無く寒い









冷気の中を時速50kmとか100kmとかで風を切りながら走るのだから当たり前なのである。









当然バイク乗り達は少しでも暖かく走ろうと言うか寒さを少なくして走る為にありとあらゆる手を使う









とは言うものの最近ではバイク用品も寒さに戦うためのグッズが出ていてくれてありがたい。









革ジャンに綿入りパンツを履いてしのいでいたのも昔の話。









過去には何だか判らないが店員さんに勧められてヒートランなんちゃらとかが発売されたら飛びついてみたり









防寒靴下など対して暖かくもないやつを買ってみたり









なんでもいいから達磨のように重ね着をしてみたりしたこともあった









でも









寒いものはやっぱり寒い









寒い中を走るのだから当然である。










ふと考えた









あの人は寒くないのだろうか?









大昔からあんな恰好で真冬に風を切っているあの方









そう



Photo




サンタクロース







毎年この恰好で寒空の真夜中の上空を駆け回るなんて







いやぁ・・・





あんた・・・すげぇよ



お帰りの際はなにとぞポチッとお願いします
(σ* ゚ー゚)σ にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村




2017年12月24日 (日)

ローストビーフ

ブロガーの別名土佐闘犬こと気分屋さんから


うらぁ!ブログの更新が全然ないじゃねえかよぉ!!

ランキングもだだ下がりじゃねぇか


と言われてまして


だってネタがないですもん


と言うと



風邪引いて寝込んでた話でもクリスマスのローストビーフを作った話でも何でもいいからアップしろ!!


と言う指示を受けまして


わたくしごとの話を載せて良いものかどうかとしばし悩みましたが、考えてみたら所詮わたくしごとしか今までも書いてない事に気が付きましたので、ローストビーフの話でも。


おっさんが風邪引いた話なんか尚更聞きたくないでしょうからねぇ



今日はクリスマスイブ


そーです


あの良い子の家には夜中に赤い帽子を被ったじーさんが不法侵入してくると言われる恐ろしい夜


高いオモチャをじーさんにお祈りされてしまった親御さんにとっても恐怖ナイツ


一年間の良い子だったかどうかの総決算をジャッジされると言う子供達にとっては恐怖の一夜



まぁなんでもいいけどナザレのイエス君の誕生日の前だとか


そうだそうだ、七面鳥とかニワトリにとっても恐怖の・・・


もういいですね



で、ローストチキンもいいんですがチキンよりビーフやろと



鳥より牛



好みは人よりけりなので断言はいたしませんがとりあえずうちは牛で



2日ほど前にスーパーによって牛ブロックを買ってきてました



当日だと商売人達はここぞとばかりに祭り価格を付けてくるとこをしっているどらお


過去の幾たびかの失敗から学びました



んで、チルドにインしてた肉を本日アウト



良い感じに色も変わっておりません




チルドすげーな


んで、かっおっりソルト♪


をがっつり




あ、これは一振り目です

この後香りソルト♪まみれにされた肉塊でした。



んでもって潰したニンニクでオリーブオイルに香り付け




あ、このフライパンはキャンプに行くときに必ずもっていく相棒です。


パール金属製の28cm正真正銘の鉄板フライパン


鍋物でも焼き物でもなんでも御座れの頼もしいやつです。


んで焼いて(あ、写真忘れた)


周りに焼き目を付けたらラップに包んでポリ袋に入れてグラグラ湧いてる鍋にイン


火を止めて20分放置


鍋からアウト




で冷めるまで放置プレイ


袋から出すとこんな状態




いよいよ

きりおとしぃ〜




おー
我ながら綺麗な感じで仕上がっております

んで
もりつけぇー




どうです?

うまそうですかねぇ?

タレはニンニクと生姜と醤油、みりん、蜂蜜を入れて作った特製タレ


いやー普通に美味かったっす

さてさてパーリーが終わるといよいよホラーナイツの始まりですよぉ

皆さまにとって良いクリスマスでありますように
ランキング参加中です!
お帰りの際はなにとぞポチッとお願いします
(σ* ゚ー゚)σ にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2017年12月17日 (日)

訂正とお詫び

えー先日来お伝えさせて頂いておりました

ヘンタイつーりんぐはタイヘンなのだの記事に関しまして重大な誤りがあったことが明らかになりました。

つきましては、記事の内容の訂正と心よりのお詫びを申し上げます。

記事の中でどらおが食べて

江田島の牡蠣最高ぉーー!!

などと絶賛しておりました牡蠣でありますが



江田島産ではなく



宮城県産でございました(-_-;)




(分かりにくいと思いますがしっかり宮城県産と記載されております)


今後はこう言うことの無いよう事実をしっかりと確認の上・・・・・


ってか!!

なんであんな牡蠣の産地で他所の牡蠣売ってんのよぉ


なんか・・・・・


悔しいです

(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

ランキング参加中です、なにとぞバナーのクリックお願いします


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2017年12月15日 (金)

最終日なのだ!ヘンタイつーりんぐは

朝8時過ぎ

テントから抜け出して
ゆっくりと朝食




素敵で清々しい朝だ



ストーブでお湯を沸かしてのコーヒー




んーうまし!




キャンプ場での朝のコーヒーは焚火の側で飲む一杯目のビールに勝るとも劣らない




時計を見るとすでに9時前




ん??


ふと思い出します




そういえば

きのう、キャンプ場に到着したときに管理人さんが




管理人さん 「明日は、何時頃にでるのんかの?」




って聞くから




どらお「はあ、んーと、9時位までには出ると思いますぅ」

って答えたなぁ


・・・・・・・



やや!!!ヤバイ!!!!



あのせっかちな管理人さん!!




9時回ってテントすら片付けてなかったらヤバイですー!!!!



あ?、でもそう言えば、今日はあの管理人さん来てないなぁ・・・




別の人が来てる




そうか!

あの管理人さんは今日お休みなんだ




良かった良かった




んなら、もう一杯コーヒーを




と新しいコーヒーを入れて飲み始めたら




軽トラが


バビーンと入ってきて、降りてきたのはあの管理人さん



降りてくるなり



「〇〇さん!時間みにゃぁいかんやろぉ!なんにせよ時間よぉ!」




と他の職員さんに大声で指示しよります




ひゃーーー!!!




て、テントぉ、片付けなきゃあ!!



ドキドキしながら大慌てで撤収です!




結局撤収作業を終えてキャンプ場を出る頃は9時半頃




出がけに管理人さんに挨拶すると




ありがとうございました!!



としっかりお礼をおっしゃって下さいました




やっばここのキャンプ場いいよなぁ




キャンプ場を後に走り出してみると
こんな景色がそこここに

24_r



調べてみると、ホタテの殻に着いた牡蠣の赤ちゃんを棚に吊るして潮の干満を利用して鍛えている設備の様




こうする事で牡蠣が病気になったりしにくくなるらしいとの事



歴史の中で育んできた技術に 関心しました。





さてさて本日の予定は砲台山と言う遺跡




明治31年からロシアのバルチック艦隊から日本を守る為に2年ほどで急遽作られたと言う施設跡




跡っていっても素晴らしい状態で残っております




土木遺産としての価値もあるとか




確かに100年以上前に作られたとは思えないほどのしっかりとした作り




同じもの作りに携わっている人間としては先人達の仕事振りに心をやられてしまいます




ろくな機器もなかった時代によくもまぁこれだけの物を作れたもんだ、


と、思いました。




石垣の石と石の間は紙一枚も入らないほどの密着ぶり




思わず石垣の後ろを手で掘って詳しくみてしまいました。




砲台山から見える江田島湾の景色



25_r




たくさんの牡蠣の養殖筏が浮かんでいるのが見えます。





よーく見てみると沖の方を潜水艦が航行しているのが映ってました。




砲台跡の写真を枚数枚撮りました

26_r_1_3



この時、僕以外には誰もいなくて静けさの中の遺跡は荘厳な空気すら流れてました。



27_r_3


28_r_2


さてさて時間も迫ってまいりましたので、昼食おば



事前に調べて楽しみにしていた


海辺の新鮮市場



ここは1階のお店でお刺身やらオカズやらを購入して2階に上がると



数種類のご飯とあら汁が飲み放題と言うシステム


ハマチと鯛と蛸のお刺身に、スチーム牡蠣のマリネをチョイスしましたよ。



この日のご飯は



牡蠣飯


鯛飯


アサリ飯


の三種類


え?



どれを食べたのかって???


そりゃぁ~



全部ですわぁ( ´艸`)プププ



Photo_2




あ、もちろんあら汁も3杯お代わりいたしましたよ!!



お腹いっぱいになったところで帰路につきましたが、出発すると同時に雨が降り始めました


途中のスーパーの二輪置き場の屋根の下でレインウェアを来ましたが、腹いっぱいのお腹がつかえて苦しかったぁ


土砂降りのとびしま海道を走って岡村島港へ



そぼ降る雨の岡村島の港も風情のあるものでした。



Img_0452

17時15分発のフェリーで今治港に18時35分到着した頃には辺りは真っ暗

雨もまだ降っております。


フェリーの中で下船準備をしていると係の方が



「これから高知まで帰るんかい?? 凍結しとるかもしれんから気を付けて帰んなよぉ」



と声を掛けてくださいました。



雨と霧の中をどうにか帰宅


行き帰りだけは過酷でしたが、とびしま海道、江田島、どちらもとても心に残る旅になりました。



近いうちにまた是非訪ねてみたいと思いました。


え?



牡蠣食べたいだけだろ?ですって??




そのとーりー!!!!(*≧m≦*)



長らくのお付き合いありがとうございました

これにてヘンタイつーりんぐはタイヘンなのだ一巻の終わりでございます。

面白かったと思っていただいた方も、もっと頑張れ!と思っていただいた皆々さまも

叱咤激励と思っていただいてバナーをポチっと押してくださいましぃ

にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

_r


Photo_3

2017年12月12日 (火)

その3江田島は牡蠣パラダイスだ!の巻 ヘンタイつーりんぐはタイヘンなのだツー

安芸灘大橋を渡って、とびしま海道を後にしながら今度はキャンプ場のある呉の江田島まで


何回か走りましたが呉の道はグルグル回ってるし、しかも車がめっちゃ飛ばしてのですげぇ怖い


これとても気分屋さんを連れてこれないなぁなどと考えながら早瀬大橋を渡って江田島へ

と、電話がガンガンなってます。


インカムを付けてたのだが何故か接続が切れてるー



慌ててバイクを止めて着信を見てみると本日泊まる予定のキャンプ場から

掛け直すと


管理人さん「 もしもし!ドラスタどらおさん?もう来てる??何時頃に着きそう??!!」


凄い勢いです


どらお 「あ、えーと、ナビては3時10分に到着とでてますから、そこころには・・」
「そしたら大丈夫やな!最悪ワシの携帯番号教えようと思うてな!」


この時点で時計はまだ14時40分


そう言えば数日前に電話が掛かってきてたときに、何時頃到着の予定かと聞かれて3時頃には行きますとは答えてあった


んーーー


めっちゃせっかちやなぁ (^_^;)


そっからはなんか気分的に大慌てでキャンプ場に向かいチェックイン


お会いした管理人さんはせっかちだけど良い感じの方


管理人さん 「400かと思うたけど、よう見たら1100やのぉ、ディスクがダブルやぁ」


え?
偉い詳しいです


どらお 「えらい詳しいですね、なかなかそんなの分かる方いらっしゃいませんよ?」


管理人さん 「うはは!ワシもヤマハの1200乗っとるんよ!ドラスタは音がなぁ、エンジンがロングストロークやないからなぁ」


どらぉ 「・・・」


管理人さん


ドラスタ乗りに


それは




禁句だあーー!!!


と叫びたくなりましたが へへへと笑ってテントサイトへ



でもこの管理人さん、せっかちで荒っぽかったけど凄く感じの良い方でした


キャンプ場もとても良い所だったのでまた泊まらせて貰いたいなと思いましたよ




テントを設置して、近くのスーパーにお買物


さーて今夜の宴会は何にするかなぁと見回していると



ん!!!!!
(´⊙ω⊙`)!!!



こ!これは!!!!!

18_r

キターーーーーーーー
♪───O(≧∇≦)O────♪
・:*+.\(( °ω° ))/.:+


すんごいでっかい牡蠣がとんでもなくやすーーい!!!!



こ、こんなのいいんですか??!!!!



いーーーーんです!!!



いやー奥さん!お買得ってシールはってますわよぉ!!!



ってなわけで牡蠣5個入りパック380円などもろもろをゲットしてキャンプ場へ




はやる心を抑えつつ焚火に着火!!



もー我慢できねーー!!!



プッシュウーーー!!!

20_r



ギャーーーーー

生きてて良かったああああああ!!!!



はぁ〜

焚火最高ぉ






早速さっきの牡蠣を鍋に放り込んで蒸し牡蠣にします



デカくて鍋にギリギリ2個しか入りません


21_r




蒸し上がった牡蠣の殻を外してみるとぉ


プリップリの大きな身がぁ


こんな大きな牡蠣は初めてです!



はふはふいいながら
口に入れるとジューシーな旨味が口いっぱいに広がって最高です!!


22_r



その晩は焚火を眺めながら小さな音で付けたラジオから流れる音楽と美味しいお酒に酔い潰れて就寝



朝目覚めてテントから抜け出して目に見えるものは



キャンプ場とバイク



最高の朝です。
Photo


キャンプツー定番のレーズンマーガリンパンとソーセージとコーヒー
23_r


やっぱ寒くてもキャンツー楽しいわぁ

(´༎ຶོρ༎ຶོ`)なにとぞバナーのクリックお願いします


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2017年12月11日 (月)

その2 ヘンタイつーりんぐはタイヘンなのだ!!(とびしま街道御手洗地区編)

長らくお待ちになっていた奇特な方がいらっしゃいましたかどうかわかりませんが、いよいよどらおの とびしま街道放浪記の始まりでございます。



お時間の許される限りごゆっくりとご閲覧くださいませ。





大雪の高知道を奇跡的に生き延び




今治まで到着したころは御天道様が顔を出してくださいました。



今治港でフェリーに乗りこみ



とびしま海道の岡村島に到着




天気は快晴



あつーい!!





これがブロ友さんの言われてた瀬戸内海式気候???




凄く穏やかで温かいです









ネックウォーマーもインナーダウンも全部脱ぎ捨てて(捨ててはいない)




素晴らしい景色の中をゆーくり走る




1_r_3


2_r_3







瀬戸内の風景はどこまでも穏やかであまりの美しい景色に少し走っては止まって写真を撮るものだから全然先に進みません。






ミカンがたわわに実ってましたよ






しばらく走ってふと気が付くと・・・・





1a_r_4





う、うえぇ・・・



これ・・・




塩カルだよねぇ・・・・





その昔、どらおが若かりし頃





冬の中国山脈越えをしたときに、国道に撒かれた塩カルで当時乗っていたGB250が塩まみれになってしまい、その後バイクを手放すまで錆との戦いを繰り広げたのは苦い思い出・・・・





しかたありません・・・・



(帰宅してからガッツリ洗いましたよぉ、結果は神のみぞ・・・)





景色を眺めながら到着したのは、大崎下島の御手洗地区











古い町並みが続きます




13_r_2






昔の風情が残る素敵な街並み




オランジーナ先生のCMのロケをやったり、アニメ映画ももへの手紙の舞台にもなった場所だとか







レトロな風景がなつかしさを誘います



14_r_2






昔懐かし大村崑さんの元気ハツラツのポスター



そういえば昔はオロナミンCに生卵を入れて飲むってのが定番だったとか



15_r



奥に見える時計屋さんでは狭い店内に外国人のサイクリストの方がひしめき合っておりました。




何を買ってたのかなぁ、こんなところで爆買い??





しばし散策をしていると・・・・・





おっ!



おぉーーーー!!



なんとも心惹かれる店構え




10a_r





しかも表の看板には




10_r





あなご飯専門店!!!




専門店なんてあるのねー




と言う事で一名様ご案内









お店に入ると気のよさそうなおばちゃんの店員さんが




「いらっしゃいませー、あなご飯しかやってないんですけどぉ」



との声を掛けてくださる。


えぇ、もちろんですとも





こちとら表のあなご飯専門店って看板に惹かれてやってきやしたから、あなご飯一択ですさぁ




とは言いませんでしたけど





「はい!あなご飯をください!!」




と50歳のおじさんは元気よくいいました。




店内はなんとも古い和風の作りで良い感じ




11b_r


ふぅ~




落ち着きますねぇ



11_r



しばし待っていると






きましたきました






お待ちかねのあなご飯!!!






それではご覧あれ!!




12_r



どうっすか??





つやっつやのあなごがご飯の上に所せましと並んでおります。





美味そうでしょうぉ





お味ですか??




むふふ



もちろんぜっぴーん!!でしたよ





程よい焼き加減のあなごがいっぱいでご飯が足りないくらい。





気になる方は岡村島の「なごみ亭」まで



そうしてる間も表から店内の様子を覘きながら次々とお客様が入ってらっしゃいます。







お客さんがくるたびに



おばちゃんは




「いらっしゃいませー、あなご飯しかやってないんですけどぉ」




と同じセリフを繰り返してましたが






誰一人 





えぇ、誰ひとり

「え??そうなんですか??」





なんてやぼな事を言うやからはいませんでしたね。




さすがは あなご飯 専門店!!









お腹がいっぱいになった後も御手洗地区を散策








ご自由にと書かれた古民家に入ってみると




なぜか伊能忠孝の説明書きが・・・・





説明書きをみると伊能忠孝が全国を測量して回った時にこの御手洗地区で宿泊したとのを書いた図が残っているとの事




ふーん・・・・





なんか、凄いらしいです




9a






古民家の雰囲気は素敵



9a_r




こんな物も展示されておりました。






お尻を突き出して一緒に撮影してくださいとのこと・・・・



悩んだ末に撮影するのをやめたどらおでした。






しかしこの御手洗地区




どこもここも御手洗



4_r




当たり前だけど、郵便局も御手洗



5_r



あ、ここにも御手洗




ってなんでわざわざ矢印が???


6_r




と思って矢印の方向を見てみるとぉ・・・・






7_r




あははは、本当にお手洗いでしたぁ



洒落がきいてるぅ






てな感じで素敵な素敵な御手洗地区でした


つづく


16_r

17_r

宜しければポチッとしてやって下さいませー


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

2017年12月 9日 (土)

贅沢な時間

江田島の真道山森林公園キャンプ場にて


ヘンタイだからこそ味わえる

贅沢な時間を過ごしております

宜しければポチッとしてやって下さいませー


にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村

«何故ならハンドルカバーが付いているから